03 tokyo calling

ほぼ音楽blog

がく氏に衝撃を与えたアルバム #43

 

音の出逢いとは


ほんまに感謝
大袈裟でもなく、ほんまに心から感謝


ただ、ここ数年、欲もなくなり、新しいのにも以前のネット普及、店舗消滅などの理由以上に、とくに去年の病気からのわしはわけわからん状態に


まぁ、年齢がかなりの理由やとはおもうが

 


で、
bar italia

ここ数年、たぶんストロークスのがく衝以来か
(書いたのは遅くなったが、聴いたのはしっかりリアルタイム)


f:id:jsbx98:20240211024434j:image

Tracey Denim
珍しく無茶苦茶聴くし、曲飛ばしなどほとんどしない

聴いてる曲が終わりそうになると次のスタートが勝手に頭に流れる

最初から最後の曲まで


そう、アルバムとはこうであって

それが好きになるアルバムには当然のことで

 

最初に暗いことを書いたが
わし自身の中ではリアルタイムで出逢えたがく衝アルバムとしてはこのアルバムが最後かもしれない

こういう奴らと出逢うのは最後だと思う
ストロークスのとは違い
bar italiaはこれからの奴ら

Dry Cleaningも好きだが、攻め方には限界ありそう

Tracey Denimはサードになるみたいだが、今とはかなり違うスタンスに感じる
曲作りはさほど変わっていないと思うが、プロデュースの変化がわしとの出逢いでは良かった
マタドールへの移籍が大きいか

ただ、今年2枚目のThe Twitsはなんか違う
悪くないが好みではない
B面はいいけどね
奴らは挑戦したのかもしれないし飛躍したのかもしれない

Tracey Denimも彼らの姿勢や攻めは実際にはそうだったのかもしれない

その変化にたまたまリアルタイムに遭遇できただけかもしれない

じゃあ、まぁ、
それに感謝

この3人に感謝

欲もなくなって
bar italiaのTracey Denimに出逢い

虜になり

もう、

何も要らない

要らないかもしれない 


最高

幸せだ、感謝

本当に
本当に

素晴らしいアルバムだ

30年前か

 


f:id:jsbx98:20240127235857j:image

30年前だってさ

 

あっという間

 

若かったな〜、わし

 

毎週NME買ってたし

 

これも発売週に12インチとCD両方買ってたわ

 

 

 

ジョン・スクワイアとのシングルにアルバムも出るってね

 

シングルも聴いてないが、聴きたくない気持ちが強い

リアムとならやってみよう、なスタンス?がわし的にしっくり入ってこない

 

聴かないつもり

まぁ、アルバムの頃には嫌ほど何かしら耳に入るんやろーけど

 

 

堤防から38年後

 

日本版初回箱帯CDに
紙ジャケリマスターCD


f:id:jsbx98:20231217001632j:image


細かく書くと
聴こうとしたらこれもデータから消えていた
あと、ラヴ・ユーも


ほんま、悲しくなり、
買い戻しに走る

まぁ、なんとか入手に至ったわけで

 

紙ジャケCDの何年前か、キャピトル2イン1シリーズでめでたくリマスターされた85年作のザ・ビーチ・ボーイズ

かなり喜んだのを覚えてる
しかも、音圧はその前の2イン1シリーズ達と合わせてくれてたし

手前に揃う2枚のCD

実はこのやり方はわし個人的には乗る気がなかったのだが、
配信にも手を出した
そう、ハイレゾ

最新の96/24だと、
少し音圧が低い
低く感じるせいで余計かは感じかただが、ヴォーカルを押し込む感じになってる
最初のリマスターに感動し慣れてると物足りなさが最初にくる

が、
が..だ

たしかに細かさがハッキリわかるほど、初めての音なのだ

中低域からの奥行き感をこう表現させられると
まぁ当時のラジカセのスピーカーじゃあわからんわ

ただ、この音が正しい表現だったのかは少し疑問が残る
当時から知ってる音と違う感じにとれるから

いやぁ、でも凄い
感動
新しいザ・ビーチ・ボーイズ

がく氏に衝撃を与えたアルバム#42 [堤防で]

 

ようやく手元に


f:id:jsbx98:20231210225515j:image

ただ最初に買ったのはLPかCDなのか覚えていない

しっかり箱帯


f:id:jsbx98:20231210225538j:image

 

これを体験し、数年後の日本から始まるビーチ・ボーイズ、キャピトル時代のCD再発まではこのアルバムしか知らなった

夏と言えばこのアルバムだったし

高校生時代も夏にラジカセ片手に堤防の先まで行き、海を眺めながらこのアルバムを聴いていた

田舎っていいな〜

 

各曲の事情なんぞ当時は全く無知で
へ〜って思えたのがスティービー・ワンダー参加のハーモニカぐらい
簡単に書いたが当時と今では感動の度合は違えど、やっぱスティービー・ワンダーはかっちょいい


このアルバムは、“らしくない”とよく言われる

音は冷たいし、だってスティーヴ・ラヴィンやし


そりゃあ、古いのは耳にはしてたし、コーラスが売りみたいな先入観
さらに、“夏といえば”など


メンバーの事情とか全く知らずに初めてのビーチ・ボーイズのアルバムがこれ

メルチャー作やと知らずにゲッチャバックも凄く気に入ったし

 

っつーか、今でも
わしに言わせれば
1番ビーチ・ボーイズらしいアルバム

しかも先に書いたキャピトルCDを購入し始めてからハッキリわかってきた

だから撮影も作られてようがあの裏ジャケの集合写真が泣けてくる


f:id:jsbx98:20231210225605j:image

 

 

ある意味、センスがわかっていない
ティーヴ絡みで条件だったんだろう
ロイ・ヘイ作の曲なんて要らないし
カール無理してるし

スティーヴィー・ワンダーっぽく唄うカールがアーティストらしくなく
ビーチ・ボーイズのアルバムなんだからさ

わしはこのメンバーはプロっぽくないと思ってる
だから好きだってゆーても理解しにくいだろうが

ブライアンがまともに見えて精神的問題ありで

逆に、そう!
こんなバンド、いないって!
な感じ

変に書いてるように思われても、わしはそんなビーチ・ボーイズがたまらなく好きである

そうだな、唯一こいつらプロだな、と思わさせられたのが、何年のか思い出せないが独立記念日でのフリーコンサート
ラストのファン・ファン・ファンとその前のカールのMC
「ハッピーバースデー、アメリカ!」
その後のバズ的なギターから始まるファン・ファン・ファンは全てのファン・ファン・ファンライヴテイクでは最高の出来だと思う
脱退迫られながらも残ることができ、フラフラになりながらめちゃくちゃに叩くデニス
それを何度も振り向きながら心配するカール
ま、音はサポートドラマーが隣で叩いているんやけどね


最後だったけな?デニスのステージは..

兄弟によるデニスの死の会見は泣ける

 

まぁ、ファンはご存知
その後の結束アルバムがこれ

なんだかんだ書きながらも、いい曲がよく並べられたと思う

リンゴ・スターのドラミングはほんまに素晴らしく
曲単位でのミックスにしてはスティーヴ・ラヴィンのアルバム内最高の仕事だと断言していいほどの完成度だ

あ〜..ほんまに要らない
ロイ・ヘイの曲

 

たしかに中毒

 

(半月ほど前)

バー・イタリア
前作から何ヶ月だ?
半年?

気になるわ〜

 


で、買う


f:id:jsbx98:20231112232257j:image

ゆーか、polly armour
最高

YouTubeでのどっかのアコースティックセッションがさらに舞い上がれる

アルバムに入れてほしかった
ダウンロード購入したが音圧が低い...

 

ゆーか、哀しくもなる

何故かとゆーと
こんな奴ら
こんな曲に出逢いながら
わしがこんな年齢になってしもーてること

ライヴに行っても、もう昔みたいなことはできない

若い奴らにbar italiaと出逢ってほしい

polly armourに

 

音楽
いつになろうが、
こうして新しい感性が生まれる
いつまでも

ペット・ショップ・ボーイズのイッツ・オールライトのように
3000年になっても

 

 

なんでタイトルから全て小文字なんやろ?
バーイタリアも
bar italia
ディスクユニオンの検索でも登録されてるマスターは
bar italia

 

また後日にでも教えてください

 

最後の新曲

 

騒いでるかと、
昨日に今日も

そんなに騒いでない
ゆーか、静かやで

ビートルズの新曲が発売やゆーのに

 

な〜んか、拍子抜け

ヤフーニュースの動画やと、イギリスでは泣いてる人とかをニュースにしてた

音はゼロにしてるけどね

予約してるし、来週か、赤盤青盤

ま、そこでしんみり感動したい

 

フリー・アズ・ア・バードは良かったな〜